アジアとヨーロッパの融合
ホーチミンの魅力①

サイゴン中央郵便局 アジア編

~前回のあらすじ~

カンボジアの首都プノンペンのオススメホテルをご紹介しました。

特に、ベトナム入りするには超便利!!

ぜひご覧くださいませ👇

今回はベトナム・ホーチミンについてです!!

ホーチミン、なかなか激アツな街です!!

sponsored link

ホーチミンてどんなトコ?

ベトナムの首都は『ハノイ』ですが、『ホーチミン』は最も大きな都市で、経済の中心なんて言われてますね。

驚き!名前の由来

ホーチミンは昔『サイゴン』と呼ばれる街でした。

今でもサイゴンという名は至る所に残ってます!!

例えば観光地や建物にもサイゴン〇〇と名前が。

他にもこんなところに。

サイゴンビール

では現在のホーチミンという名前の由来はどこからきたのか。

ホー・チ・ミン氏という人名が由来

へえ〜ビックリ!!

この方はどんな人かというと…

共産党の指導者

だったんです!!

恥ずかしながら、旅に出るまで全く知らなかった…笑

ホーチミンの歴史

ホーチミンというよりベトナムの歴史ですね。

ベトナム民主共和国は植民地を経て、1945年に独立しています。

『フランス➡日本』の順に統治していました。

そう、我らが日本も関係していたんですね。

ホーチミンにもお洒落なカフェや洋風の建物が多くあります。

フランス統治時代の雰囲気が今も色濃く残っているといいうわけです。

この統治時代は第二次世界大戦終了とともに終わります。

そして独立を果たすわけですが・・・

南北分断国家となってしまうのです。

:旧ソ連の思想(社会主義・共産主義)
:アメリカの思想(民主主義・資本主義)

といった構図が出来上がっていました。

ちなみにホー・チ・ミン氏は北側のリーダーです。

いわゆる『冷戦』がベトナム間でも起こっていたんですね。

これがベトナム戦争です。

結果は…

北が南に勝利!!

現在のベトナム社会主義共和国となったのです。

そして、サイゴン市からホーチミン市に改名!!

こうやって順を追って書いて、自分でも勉強になりました。笑

そんなホーチミン。

西欧の雰囲気を残しつつ、アジア感も味わえる!!

これが大きな魅力です!!

バックパッカー御用達エリア

バックパッカー街といえば、

バンコク=カオサンロード
ホーチミン=ファングーラオ

というイメージですね。

ファングーラオは複数の通りで構成されています。

  • ファングーラオ通り
  • デタム通り
  • ブイビエン通り
  • コンクイン通り   などなど

メインはファングーラオ通りですが、

その一本横、ブイビエン通りに宿を取りました。

結構ゴチャゴチャしてるんだけど、屋台やお店がいっぱい!!

その雰囲気がまた良い◎

ブイビエン

おお〜アジアっぽい。

ブイビエン通りの宿

宿の名前はツォン・フン・ホテルというところなんですが…

今検索しても見当たりません。

もしかすると閉店してしまったかもしれません。

こんな感じで、薄暗い細路地の奥にある宿でした。

なので、正直女性一人旅とかではあまりオススメしません。

部屋の中は至ってシンプル。

トイレ・洗面所・シャワーが一体になってました。

トイレの真上にシャワーが。

こういう時にビーチサンダルがあると重宝しますよ!!

裸足だと洗った気がしないから笑

このバックパッカーエリアでは1,000円以下の宿から3,000円ぐらいの結構イイホテルまでメチャクチャたくさんあります。

宿探しには困らないでしょう!

ここも日本円にして1,000円ちょいでした。

安い!!

ブイビエンは食の宝庫!!

ベトナム料理ってホント美味い!

やっぱりアジアの食べ物は日本人に合うと思う。

中でもベトナムはピカイチだったと感じてます!!

ベトナムで食べ物をちょっとご紹介!!

Five oysters

FIVE OYSTERS

このお店はブイビエン通りにあります。

初めはキャッチに勧誘されて行ったんだけど、安くて美味い!!

FIVE OYSTERS②
生じゃない普通の春巻きも美味い!!

バインセオとか、春雨的な料理も絶品でした。

何度もリピートして、店員さんとも顔馴染みになるほど。

唯一の欠点が…

白い壁に黒い塊がいくつかあって。

なんだあれ?と思ってみたらまさかのG!!

※Gとはゴキちゃんのことです。

ゴチャゴチャしてて、かつ暑いから、ベトナムに限らず東南アジアはいますけどね😂

これがなければパーフェクト👍

でもなんでしょう?

旅してると虫とかあんまり気にならなくなるのは私だけ?笑

Gにはさすがに驚きましたけど、日本なら発狂してたかも…笑

名も無き青空食堂

宿の前にあったお店。

青空食堂①

店舗として構えてるわけではなく、道路に簡易テーブルと椅子を置いてオープンしてました。

青空食堂②

メニュー表はあったので、指差しで頼みました!!

食べたのはこんなメニュー。

食事①
エビ入りのフライドライス
食事②
マカロニと牛肉炒め 甘辛ソースが絶品!!

こういう店の飯はなんでこう美味いのだろうか?笑

普通の飯の美味さに『旅人っぽい雰囲気』がプラスされてるのは間違いないと思うけど。笑

ベトナムといえば… 

ベトナム料理で思いつくのは、生春巻きとかフォーですよね。

青空食堂で味をしめた私は、その辺のローカル食堂的なところでフォーを食らってみた。

フォー①

やっぱり美味い!!

凄く優しくて身に染みる味👌

そしてなんとパクチー盛り放題!!

フォー②

パクチー好きにはたまりませんな!!

甘党集まれ!ベトナムコーヒー

ベトナムのコーヒーって超甘いんですよね。

飲んだことある人なら分かるあの甘さ。

ベトナムコーヒー

写真はかき混ぜてしまったあとですが。

ベトナムコーヒーは練乳が入ってるんです。

本当に甘党ならオススメします!!

が。

私は後日飲んだリプトンのレモンティーの方が断然美味く感じてしまった…笑

レモンティー

まるでヨーロッパ!インスタ映えスポット

先述のとおり、ホーチミンには西欧の雰囲気が残っています。

結構オシャレな建物多いです!

結構定番だけどご紹介。

サイゴン大教会(大聖堂)

結構街中にどんと建っています。

かなり迫力あります!!

これは映えますね〜👍

中はこんな感じでステンドグラスもあって、綺麗な教会でした。

ちょっとブレてます…

サイゴン中央郵便局

これが郵便局!!オシャレ!

全然郵便局に見えないですよね!

パステルイエローってのが◎👌

パリのオルセー美術館がモデルなんだとか。

外も中もインスタ映えします!!

中に入るとこんな感じで、雰囲気ありますね。

奥にはホー・チ・ミン氏の肖像画が。

ここの郵便局から日本の家族へポストカードを送るという洒落たことをやってみました。笑

後日、ちゃんと届いたと連絡が。

世界主要都市の時間が分かるようになってます。

東京は今この時間か〜と感慨深くなってしまいます。

9月23日公園

1945年の話。

ベトナムが独立を宣言し、それを認めないフランス軍と戦い、勝利した日『9月23日』と。

この日を忘れないように名前がつけられたそうです。

とても緑が豊かで、散歩に最適な公園です!!

緑から差し込む光が気持ちがいい!

その辺で子供相手に青空教室が開かれていたり、学生たちがディスカッションしたり。

そして驚きのこれ!!

遊具ならぬ健康器具がたくさんあるんです!!

ベトナムの人々は健康志向が高いのかもしれない。

こういう公園は日本には少ないですよね?

まとめ

ベトナム、ホーチミンいかがだったでしょうか?

東南アジアなんだけど、オシャレでインスタ映えする。

そんな素敵な街をお伝えしました!!

まだまだ他にもご紹介したい所がありますので、Part2で!!

Catch The Moment!

ブログランキングに参加しています。

もし少しでも気に入っていただけたら、お気持ちのポチッをお願いします🙏


人気ブログランキング

sponsored link

コメント

  1. […] TRAVELIFE"旅人療法士ブログ"2020.05.19アジアとヨーロッパの融合ホーチ… […]

  2. […] TRAVELIFE"旅人療法士ブログ"2020.05.19アジアとヨーロッパの融合ホーチ… […]

タイトルとURLをコピーしました