絶対に後悔しない長期旅の必須アイテム!

必須アイテム 旅の準備編

世界一周はもちろんのこと、特に長期旅行で荷物を厳選するのって激ムズですよね。

私も入念に準備したのに全く使わなかった物や、やっぱり持って行けば良かったと後悔することもしばしば…

そこで今回は旅をする中で「これは持っていって良かった!」と心から思えたアイテムをご紹介します!

sponsored link

Scrubba wash bag

スクラバウォッシュ①

これは旅の最初から最後まで本当に重宝しました!

旅にどのぐらい服を持っていくか?

特に女性にとっては大きな悩みではないでしょうか?

我々もバックパックで旅をしていたので、可能な限り枚数を少なくしたいと思っていたので、そんな方にぜひオススメしたいのがこちらです!

これ一つで簡単に洗濯ができるのです!洗濯機いらずです!

使い方ガイド

スクラバウォッシュ②
スクラバウォッシュ③

1.洗濯物と水、洗剤を投入

2.口をクルクルと丸めてクリップで止める 

スクラバウォッシュ④

3.空気口から中の空気を抜く
4.本体ごとゴシゴシもみまくる

 (3分程度)

5.水を捨てて、新しい水を入れてすすぐ
6.絞って干す

以上です!

ちなみにバッグ本体にも説明が書いてあります。

なぜこれで綺麗になるかと言いますとバッグの中がゴツゴツと洗濯板のような構造になっているのです!

スクラバウォッシュ⑤

現在はスクラバウォッシュ&ドライキットという商品が出ているようで、水気を切って干すまで出来るようです!これはすごい!

乾燥はどうしましょう?

Aimal家では百均の洗濯ロープで物干しは対応してました。

ベランダがあればベランダで、なければドアとか壁のサッシなどにフックをひっかけてロープを張っていました。

ちなみにハンガーはAmazonで折りたたみハンガーを購入。

安いけどコンパクトにたためるのでバックパックの脇にもスッと入ります!

気になる大きさ、お値段は?

重量: 142g 
サイズ: 
54cm x 32cm(広げた時)   
16cm x 6cm x 6cm(収納時)  
定価:5,980円です。

いつも心配で服や下着を何枚も持って行く方も、これがあれば最小限で済みますよ〜!

旅のお供にScrubba washはいかが?

パックタオル

パックタオル①

どうやって使う?

そんじょそこらのタオルとは大違いなんです! 

吸水性抜群でなんと自重の10倍の水を吸収してくれます!

トレッキングで滝のような汗をかいたとき、リゾートで海に入ったあと、宿でシャワーを浴びたあとに大活躍します!

速乾性も抜群ため、ビショビショになっても絞れば吸水力がある程度復活しますし、部屋干しでも乾きやすいのも特徴です。

旅でなくてもアウトドアでも活躍できる一品ですね。

サイズとお値段は?

Sサイズ:25×35   ¥1,400+税

Mサイズ:30×56   ¥1,900+税

Lサイズ:42×92   ¥2,400+税

XLサイズ:64×137   ¥3,200+税

こちらはMサイズで、広げるとこんな感じです。

付属の収納袋に入れるとスマホサイズぐらいコンパクトに!

バスタオルを持って行ったほうがいいかなと悩んで手にしているそこのあなた!

今すぐそれを置いて、パックタオルを持っていきましょう。

ウルトラライトダウン

当然ですが、南半球では北半球と季節が反対になります。

短期世界一周の旅でも、ルートによっては夏と冬を経験するわけですね。

極寒の地ではやはり暖かいダウンジャケットが欲しいもんです。

ただ、なんといっても荷物がかさばる…これが最大の欠点です。

軽くて暖かいダウンといえばこれ!

かの有名なウルトラライトダウンは大変便利なんです!

寒い時は一枚あるだけで大違いです!

使わない時は折りたたんで専用ポーチにしまっておけるので、バックパックの隅にスッと入っちゃいます!

ウルトラライトというぐらいですから、軽くて荷物になりません。

秋〜冬シーズンに旅行する際は、一つは絶対に持っておきたいアイテムですね。

シュラフ(寝袋)

私はネットでポチッとしました。それがこちらのCAPTAIN STAGのシュラフです。1,000円ぐらいでした。

どんな使い道がある?

  • 就寝時に寒い時
  • 寝具が汚い宿に泊まる時
  • 空港泊をする時
  • 長距離バス移動の時に荷物隠しとして

上3つはそのままですが、オススメは一番下

バス移動の時って、バックパックは預けることが多いと思いますが、デイバッグの保管って困りません?

海外のバスだとカバンごと持っていかれそうだし…

そこで!

寝袋に入った状態で席に座っちゃう作戦です!

そしてデイバッグは足元、つまりシュラフの中に入れてしまうのです。そうすれば盗まれるリスクを大幅に軽減できます!

これで長距離バスも安心して眠りにつけると思います!

まとめ

如何だったでしょうか?

「これだけは外せない」というアイテムは皆様それぞれあるかと思いますが、今回の4アイテムはあって後悔しないと確信しております!

もちろんそんな便利なものは一切いらねーよという強者もいるかとは存じますが…笑

旅のスリルはもちろん大好物ですが、便利な物・使える物はしっかり使って、安全かつ恍惚感溢れる旅にしたいですね。

Catch the moment!

sponsored link

コメント

  1. […] TRAVELIFE"旅人療法士ブログ"2019.08.06絶対に後悔しない長期旅の必須ア… […]

タイトルとURLをコピーしました